台湾のAnytimeFitness板橋店に行ってきた!日本と違って面白いと感じた点を5つご紹介

AnytimeFitnessとは?

「24時間年中無休フィットネスクラブ 世界4000店舗以上がいつでもどこでもご利用できます!」

というのがウリのジムです。

私自身「コナミスポーツ→ジェクサー→エニタイムフィットネス」と流れ着きました。

「店舗縛り無し・時間帯の縛り無し」ここがかなりポイント。

一般的なジムでフルタイムメンバー利用すると1万円前後するのが、AnytimeFitneessだと7000円前後に抑えることができます、お財布にもとっても優しいです。

元々プールやスタジオを利用するタイプではなかったため、こちらのほうが都合が良い感じ。

逆に言うと、プールやスタジオを利用したい人には向いていません。

最寄駅「江子翠」からお店までの道のり

今回は台北駅からMRT板南線(青)に乗って江子翠駅に向かいました。

日本人が大好き「龍山寺」のお隣、所要時間約6分。

まずは3番出口を目指して出ます。

写真が荒くてすみません、3番出口を出て右へ進むとYOUBIKE駐輪場あたりに出ます。

YOUBIKE駐輪場の前を通る形で進みます。

右下の紫色の光が見えるのがAnytimeFitness板橋店。

駅から出てここまでの所要時間約3分。

お馴染みの看板が見えてきます、AnytimeFitness板橋店です。

いつも通りに、会員証をポチっとして入店します。

引用元:101media.com.tw

この時時間は夜の24時をちょうど過ぎたところ。

↑の写真のような小鮮肉(細マッチョ)台湾BOYが2〜3人丁度出て行くところでした。

AnytimeFitness板橋店の面白いところその1

サンドバッグがある

誰もいなかったので、サンドバッグに挑戦。

サンドバッグを叩く姿を動画に納めようと準備。

グローブを両手にはめて、よし準備OK!

あ、あれ、RECボタン押せない、、

というプチトラブルはありつつ、人生初のサンドバッグ体験をしました。

AnytimeFitness板橋店の面白いところその2

熱湯飲み放題

熱湯を飲むと言うとちょっとアレですが

日本だと冷水機すら置いてないところが多いので有難いポイント。

台湾では「温水、熱湯、冷水」が無料で飲めます。

空港でも同様の給水機がありますね、台湾ならではという感じです。

AnytimeFitness板橋店の面白いところその3

重すぎる重り

ダンベルに詳しくないのですが、100ポンド(45KG)?と書いていたようです。

試しに持ってみたけれど、両手で一つを持ってギリギリ持ち上がるかどうか、超重い。

名前がわからないですみません、鉄棒のように捕まえた状態で下に降ろしてくるヤツ。

日本でこんなに目盛り多かったかなぁ〜、という感覚。

AnytimeFitness板橋店の面白いところその4

多目的広場っぽいのがあります。

店内にはスタジオスケジュール表のようなものがあったので、おそらくここで繰り広げられているものかと。

星期一から星期五(月曜〜金曜)までは、夕方18時50分あたりからスタジオっぽいことしていますね。

AnytimeFitness板橋店の面白いところその5

トイレとシャワールームが一緒!

店内に5つほど男女共通のトイレ&シャワールームがありました。

いわゆるワンルームのバストイレ一体型、と行った感じです。

トイレエリアとシャワーエリアに仕切りがあるわけではなく、日本人感覚からするとちょっと「えっ」と行った感じがします。

気になる人はサンダルの持参を。

シャンプー&ボディソープは標準装備でした、有難い。

※台湾ではシャワールームとトイレが同じ部屋の中にあるのは一般的のようです。

その他店内施設

日本でもあるかもしれませんが、何やら万能器具っぽいです。

ゲーム感覚で何やらイベントをしているようです。

期間中1位になったら何がもらえるんだろう、気になります。

入り口入ってすぐのところ。

簡易的なパウダールームがあります、おそらく男女共通。

もしかしてドライヤーはPanasonicかな!?と思って見たけれど、どうやら台湾ブランドっぽい。

普段利用している東京五反田店に無い器具たちその1

普段利用している東京五反田店に無い器具たちその2

無料で使って良いのだろうか、鍵穴に持参した南京錠を入れることでロックできるようです。

スタッフがいないので確認できず。

↓漢字表記なのでなんだか斬新

日本でもよく見かけるマシンたち↓

日本でもよく見かけるマシン達その2

重り、こんなに色付けありましたっけ??

2階入ってすぐ左のエリアの全体図

1階のダンベルエリア

台湾にあるAnytimeFitness他店情報

GoogleMapでまとめてみた

<iframe src=”https://www.google.com/maps/d/embed?mid=12Dt4QjoOg14nUpUhAeN8l-qTPLMcdpJc” width=”640″ height=”480″></iframe>

今回は新北市の板橋店に行ってみましたが、調べてみると台湾でも着々と展開しているようです。

店舗数だけでみると↓のような具合になりました。

高雄>新北>台北&台南>台中>台中

台北駅から一番近いのは、板橋店です!

気になっていること

・各店舗の月学費用具合、場合によっては台湾で入会した方が安いのか、、?

・各店舗日中スタッフはいると思うが、日本語ができるスタッフはいる、、?

↑に関しては次回訪問時にスタッフに聞いて見たいと思う

まとめ

・台北に旅行に行った際、アクセスがよいのは新北市板橋店。

・たとえ帰りの電車がなくなろうと、YouBikeで30分あれば台北駅に行ける。

・台湾料理で太ったな〜と少しでも思ったら、運動すべし!!

参考リンク

Anytime Fitness 板橋店健身房(Facebook)
https://ja-jp.facebook.com/AnytimeFitnessBQ/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *