ブラウザに覚えさせたパスワードがわからなくなった、、どうする?を15秒で解決する

職場のニュージーランド人スタッフに教えてもらった、超便利裏技です。

基本、どのサイトの自動補完パスワードでも対応できます、普段からChromeをよく使うのでChromeでの解説となります。

Safari等でも開発者ツールを表示して同様の手順を踏めば対応できます。

試しにGmailで解説します。

Gmailログイン画面

このパスワード何だっけ?よくある、、。

デベロッパーツールの起動

Macだと「表示>デベロッパーツール」を選択、Windowsだと「F12」でデベッロッパツールが起動。

ツールの横幅と横幅を調整

開発者ツールがちょっと狭くて見えにくいので、赤線の境界線あたりを左にドラッグして、開発者ツールの領域を広げます。

要素指定モードボタンを選択する

ちょっと見えにくいですが、四角にカーソルがあるようなボタンをポチっとします。

そうすると、Gmailの画面が薄い青色のフィルタリング状態のようになります。

該当箇所のHTMLを表示

パスワードエリアを選択すると、右側の開発者ツールで該当箇所のHTMLが表示されます。

“password”を書き換え

type=”password” と書かれた文字列が見つかると思います。

この部分の「password」をダブルクリックして「text」に書き換えます。

パスワード確認

あら不思議、パスワードが表示されます!

めでたしめでたし

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *