【所要時間15分】 MacBookAir(11inch 2012年)のバッテリー交換をしたら容量が1.93倍になった話

どもども、ラオバンです。

東京から千葉への引っ越しがようやく全部終わりました、まだ免許証の住所変更は残ってますけどね、、。

ドアtoドアでの通勤時間は「45分」から「95分」に倍増!!

京成線〜都営地下鉄浅草線が乗り換え無しで行ける(本数限定)のがせめてもの救い、電車に乗っている1時間10分は睡眠だったり本読んだりゲームしたり、こうやって記事を書く時間にあてています。

だがしかし!我が家のMacBooAirは、2012年モデルなのでやがて6年が経過、家で充電して電車で動かしてみると「92%」とかになっていることも多い。

今回思い切ってバッテリー交換することになったのです。

最初はAppleStore持っていくかなと考えていたんですけど、5年経過するとサポート対象外、という記事を見てふんぎりがつきました。

自分でやるしかない、、

ということでやってみました、バッテリー交換。

準備

 

今回使用するのはこちらの商品

Amazonで見つけました、MacBook Air(11inch Mid 2012)用の交換用バッテリー。

価格は「6499円」思ったよりも高くない、、。

交換前のバッテリー状態

完全充電時の容量「2759mAh」だって

その辺の携帯電話と同じくらいの容量になってました、これは確実に劣化しているはず!

それでは交換作業といきましょう。

交換してみた

裏側のネジを外す

バッテリーキットの中にある特殊ドライバーを用いて、上記の赤丸10個のネジを外していきます。

外したネジは順序よく置いておこう:その1

この手のネジは、本当によく無くなります。

厳密に言うと、作業中にドライバの先っぽから落ちて転がって、どこにいったのかわからなくなる、です。

外した箇所と同じような具合に置いておくと、あとでわかりやすいです。

赤丸のついた2個は他のネジに比べて長いネジなので注意しましょう。

天板を外す

外した天板はこんな具合でした、まぁまぁ埃がかぶっているので、エアダスター等で綺麗にしておきましょう。

バッテリーのネジを外す

5箇所ネジがあります、これもささっと外しましょう。

外したネジは順序よく置いておこう:その2

大切なことなのでもう一度言います、ネジは紛失、場所がわからなくならないよう、外した時と同じような位置に置いておくことをお勧めします。

バッテリーを外す時は、根元のコネクタに注意

コネクタ部分に変な力が入らないように気をつけつつ、ゆっくり外します。

埃っぽいのでちょっと掃除

部品がギュッと詰まってる感じです、所々ほこりの毛玉っぽいのが見えるので、綺麗にしておきましょう。次にここを開けることは、ないかもしれないですから、、。

新しいバッテリーを取り付ける

外した手順と逆の手順で組み込んでいきます。

超簡単です。

ネジには気をつけろ!

やってしまいました、くしゃみしたらドライバの先にあったネジが行方不明に、、。

探すこと数分、、、、

見えるか!!!!!

視力1.5のラオバンもかなり苦戦、、。

ネジは落とさないよう気をつけましょう。

バッテリー交換後の容量確認

見てください!交換前は「2759mAh」だったのが「5325mAh」に回復しているではないですか!!

感想

今回バッテリー交換で要した時間は、ブログ用の写真撮影込みで30分。

ただ黙々と作業するなら、15分もあれば終われますね。

交換後、電車でMacを開いた時の残バッテリー表示が「100%」になっているのを見てちょっと感動しました。

来年には、最新OSアップデートができなくなる可能性が非常に高いですが、もう1年頑張ってもらいたいと思います。

参考リンク

SLODA 交換用バッテリーApple用MacBook Air 11″ A1495 A1406バッテリー
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01A6LAPAW

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *